Emit's Official Site

PROFILE

シンガーはなうたライターEmit

仙台市出身、横浜市在住のシンガーソングライター
何の技術も知識もないまま”はなうた”で曲を作り始めたことから”はなうたライター”と呼ぶ。

詳細 >>

レコーディングレポ


いよいよEmitのレコーディングが始まりました!

スタジオは能見台にあります『ウォーターカラースタジオ』http://studio.wc-e.com/

私、こんな素敵なスタジオお目にかかった事ありません。
スタジオ着いたときからテンション上がりました

今回のCDでは、前作のEmit全自主制作とは異なり、演奏も全部生演奏でございます
アコースティックギター、ベース、グランドピアノ、ローズ、オルガン、ドラム・・・
色んな楽器を使いました。


参加していただいたのは、

ドラム担当のしぶちんさん





鍵盤担当のみほちゃん。ローズという古い電子ピアノを弾いているところです。




お二人のセンスには本当感動します。どちらかというと感情派なんじゃないかと見てて思いました。
当たり前ですが打ち込みとはやはり大分違い、音色とか奥行きとか、とにかく音が体に直接響いてくる感じです!私の曲を理解して、情景をそれぞれの楽器で表現してくれる。


そしてエンジニア兼プロデューサーのしんやさん。






彼のセンスが私と同じなのか、私が思ったことと同じことを直接プレイヤーさんに指示していて驚きの連続でした。方向性や感覚が同じなのは、メンバーとして大事なことですよね!

ビシバシ言うけど嫌みがないのでいい感じに仕上がります。
晴天の空の下でスネアドラムをスカーンと叩かれたようなイメージ(笑)

なにせ私以外のメンバー間は古くからの付き合いらしくお互いの音や癖を熟知しているようです。
何より仲が良く見ていてほのぼのしてきます
こういう仲間って素敵だな。


私はこういうブースでアコギを弾きました。




大分上達したと褒められました。
確かに他の楽器の邪魔になってない(笑)
私も成長しました


一日でヴォーカルまで録る予定でしたが、時間が全然足らず、、予定より3時間程押して、とりあえず楽器隊を録り終えました。ヴォーカル録りはまた別日に。


仮のmixした音源をいただきましたが、本当、前奏だけでも涙が出る程素敵になってます。
まだ、仮の状態なので、これがきちんと出来上がったのを聴いた日には、、きっと号泣してると思います。

私の中の小さな歌が、人の体を経由して、それが集合するとこんな大作になるんだと、すごく感動します。
と同時に、歌をもっと頑張らねばと思ってきます。
バックの演奏に劣らないようにせねば。。。

そんな感じで、また近いうちに、レコーディング〜ヴォーカル編〜をお送りしたいと思います!
練習がんばろっ!!!






2010-11-30 11:45:08投稿者 : Emit's Special Blend
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。